×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高血圧原因からの対策

高血圧を下げる方法や血圧の改善や予防対策など参考にしてください♪

高血圧の原因は!

高血圧の予防や改善のために、なぜ高血圧になるのかの原因を調べるのは大切なことです。

高血圧の原因として原因が特定できないものを本態性高血圧、原因が特定できるものを二次性高血圧と呼んでいます。

二次性高血圧の場合は他の病気や薬の副作用による原因であることが分かっているので、高血圧改善のため、その原因元の治療や高血圧になる薬の使用中止で、高血圧症状の改善が期待できます。

しかし、本態性高血圧の場合は原因が不明であるため、治療してただちに治るというものでなく、高血圧の予防・改善のための生活習慣・食生活を変えるなどして自己療養や医学的療養を併用しながら、じっくり取り組まなければなりません。

日本では高血圧の原因としてこの本態性高血圧が約90%を占めていますが、個々人が受け継いだ遺伝的要素に生活習慣や環境の要素が加わることで高血圧になるのではないかと言われてます。

遺伝的な原因では、脳・神経系の異常、心臓・血管系の異常、腎臓の異常、ホルモンなどの異常が挙げられ、生活習慣・環境の原因では、塩分の摂りすぎ、運動しない、ストレス、過剰な飲酒などが高血圧の原因の因子になると考えられています。

特に高血圧の原因になる遺伝的因子を肉親から受け継いでいると考えられています。例えば両親が高血圧の場合、本人も高血圧になりやすいと言われますが、個人差もあるため、必ず発症するということではありません。

一方で生活習慣・環境を改善して、高血圧になりにくい方へ持っていくことで発症率を下げられます。高血圧の予防のため、毎日の規則正しい生活を送ることが非常に大切になります。

高血圧の予防・改善に向けて、日頃から高血圧の原因と考えられる要因を自覚し、それらをたくさん抱え込まないよう注意したいものです。


Copyright(C) 2012 高血圧を予防・改善し、下げる対策で健康生活を!! All Rights Reserved.